グローバル 包丁研ぎ直してもらいました! 2 

JUGEMテーマ:グローバル包丁#吉田金属工業株式会社 #YOSHIKIN #GLOBAL

 

グローバル包丁はメーカーの吉田金属工業 株式会社さんで

研いでいただくことができるのです!!

 

私も仕入れの仕事でGLOBALの包丁は扱うことがあり、

六本木アクシスのショールームには何回か伺ったことがありました。

 

その時の衝撃を今でも覚えています。

 

六本木のセンス良いアクシスビルにある黒とウッドでデザインされた

高級時計を扱うような店内で観たとても小さなピカピカのペティナイフ。

 

通常の半分のサイズのペティナイフは、依頼を受け、研ぎ直しをした物で

お客様が何年も大切に使い続け、研ぎに出したお金は新品が何本も買える

金額になっている逸品でした。

 

とても感銘を受け、同時にその時はGLOBALの包丁

を受け入れられる事ができませんでした。すごすぎて、、

 

いまは使いつづけて4年目になります。

 

 

思い出たっぷりのGLOBAL、今回はネットでググって

吉田金属工業株式会社 さんに直接研ぎ直しの依頼をお願いすることにしました!

 

 

手続きはホームページにて丁寧に説明されています。

 

https://www.yoshikin.co.jp/learn/sharpening

 

まずは、下記用紙をホームページよりプリントアウトして

必要事項を記入の上 梱包して出荷です。

 

 

 

包丁の梱包をお見せします!

 

ポイントは刃の先端を保護してから

刃を包みます。

2重に包み、抜けないようにテープで止めてください。

 

 

吉田金属工業株式会社さんに送り、7日〜10日後

クロネコヤマトの代引きサービスで送られてくる。

とても簡単でした。

費用は(関東)から新潟に送る送料 610円(コンパクト便)

研代、送料 1,650円 合計 2,260円でした!

 

 

さーて、この包丁がどのように生まれ変わるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

グローバル包丁を研ぎ直ししてもらいました!

JUGEMテーマ:グローバル包丁 #GLOBAL  #YOSHIKIN #吉田金属工業株式会社 #包丁研ぎ

 

趣味は料理つくることです!

 

週末は家族に喜んでもらって、

自分が満足して楽しんでます。

 

そんな私の為に5年前の誕生日に妻がグローバルの牛刀20僂

ペティナイフをプレゼントしてくれました。

 

今までのメンテナンスはお向かいの腕のいい大工さんだった

おじいさんが年1、2回定期的に研いでもらっていましたが

お年になってしまい、2年前にGLOBALのスピードシャープナー

を買って研いでいましたが刃が欠けてきて・・・・・これです。ユニット部がセラミック製になって、包丁を軽く手前に6〜10回引いて切れ味を

一時的に蘇らせることが出来ます。一時的なんで、これ何回もやってしまうんですよ。

 

やりすぎるとこうなります。

 

 

 

 

 

さーて、このグローバルの包丁がどうのように生まれ変わるかをお教えします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TELCO生産工場を日本に変更しました!

TELCO エプロンのサンプルアップ

 

2月の展示会で発表 即生産を進めていましたが

新型コロナウィルスの影響で一旦キャンセルになり

急遽3月頭から日本生産に切り替えこの度

ファーストサンプルが出来上がりました!!

 

 

左が今回、日本製で新しくつくったもの 右は展示会で使った中国製サンプル

 

素材が若干ちがいます。綿100%からポリエステル65%綿35%の

お洗濯に強い生地にしました。前回のサンプルはシャツぽい感じで

今回の日本製は生地がしっかりしているのでアウターみたいな感じです。

 

これはこれでHYKEみたいで、とてもいい感じです。

 

明日、テルコさんと打ち合わせ確認をします。

 

現在は4月中旬入荷で動いていますが、まだ確定していません。

今しばらくお持ちください。

 

 

 

 

1